【CoD:G】エイリアンカオスモード:Nightfall編

201406tscom_cod_nf_ad000
これまでに2度ほどカオスモードについて書かせていただきました。
意外と反応もよくてちょっとうれしかったです。
さてさて、既に多くのDLCが出ているCoD:Gですが、今更感満載のNightfallマップの歩き方でも少し書きたいと思います。
※あくまで私の行動なので、参考程度に・・・(´・ω・`)

今回のマップはDLC第1弾にて追加されたマップ「Nightfall(以下:NF)」でカオスモード!
カオスモードのとして使われているのは、本編でいうエリア2が舞台となっています。
このエリアはPoint of Contactのカオスマップと比べると周り易い印象ですかね。ただ、PoCよりも敵の数が多い為後半の一撃はかなり痛いです。
また、我々Team-JECのエイリアン雑談プレイ時に「ジャンパー」と呼んでいた「正式名:ファントム」さんももちろん登場

追加されたドロップアイテム
アイコン 名称 効果 備考
Venom-X ガス式のグレネードランチャー、カオスモードでは2発/予備4発が用意されている。 武器

このDLC1のNFよりドロップアイテムに追加があります。
Extinction(以下:本編)の方をプレイしている人はわかるかと思いますが、NFの第3エリア(施設内)に配置されているエイリアンモード用の追加武器「Venom-X」がドロップアイテムとして追加されています。

武器の配置

今回はまだ自作マップができていないのでゲーム内の画像を使用しての説明となります。
NFでの武器は全13種(確か)となります。
その中で行くのが少し難しい箇所が複数あります。

201406tscom_cod_nf_ad001
一か所目がスタート地点の左側「LSAT」が配置している場所

201406tscom_cod_nf_ad002
2か所目がそこから少し北側に位置している「MTS-255」の配置してある場所です。

LSATの方は電流トラップのあるコンテナに乗り、ジャンプすることで行くことが出来ます。
MTS-255の方は少し長めの梯子を利用し行くことが出来ます。
このマップの武器取得に関しては、ソロ・マルチで少し動き方が変わってくるかと思います。マルチであればある程度好きなときにいけるかと思いますが、ソロであればひとまずどちらかのポイントをスタート地点(コンボスタート)にした方がいいのかなと思います。
※これはNew Weapon Pickupのポイントを考慮した際の考え方です。50P・100Pくらいくれてやるという方はこの行動は必要ないかと思います。

このマップの注意する点

このマップの注意する点としては、トラップの使い方があるかと思います。
電流トラップの方は切れたら起動するという形でいいかと思いますが、問題はファイヤートラップ(以下:FT)の方。このマップFTは3箇所ありますが、3箇所ともに道を塞ぎます。火にはダメージ判定があり一定時間ダメージを受けてしまいます。そのため無闇に起動してしまうと、他のプレイヤーが閉じ込められるダメージを食らって脱出しなくてはならない、ということになるためタイミングが重要となります。

Fire Trapのポイント

201406tscom_cod_nf_ad003
201406tscom_cod_nf_ad004
まずスタート地点から見て左側にあるFT
画像のように通路を塞ぎます。MTS-255のある梯子を使うことで脱出ができますがギリギリなのでダメージを受ける可能性もあります。

201406tscom_cod_nf_ad008
中央にあるFT
ここもトラップを起動すると中央の通路がしばらくの間使用できなくなります。
また、ARXと炎が少しかぶっているので拾う際にも注意が必要となります。

201406tscom_cod_nf_ad006
マップ右奥のところ
ここも広範囲に炎が広がり塞ぎます。
起動するのであれば、おくからVKSを拾った後脱出と同時に起動させた方がいいでしょう。

とまぁNightfallはトラップの使い方に気をつければそれなりのごり押しでも記録は出せるかと思います。
また、Venom-Xもうまく使えればより効果的!ごり押しが効きます。
まだ動画をアップしてないけど、NFのカオス動画もアップできれば良いなぁとおもっていたりいなかったり?

それでは、いまさら感が満載だったNightfallの考察?ですが、次回のMaydayをお楽しみに。

The following two tabs change content below.

Pitoron

このサイトの管理人「その1」であり、Team-JECのメンバー。主に動画の編集やらアップやらを担当。動画視点も大体こいつ。秋葉原に住み、秋葉原で働いているので発見した際は「ぴとろん」と呼ぶと逃げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です